マスクは正しく使いましょう

マスクの需要が高まってきている今、マスクの正しいつけ方も広まってきています。

 

「マスクはきちんと鼻まで覆わなければ意味がない」「マスクを裏表につけていたら意味がない」といった感じですね。

 

もしマスクを正しくつけようと思っているなら、裏表だけでなく隙間にも意識して下さい。

 

マスクに隙間があると効果も期待できない

 

 

どんなにマスクを正しくつけていても隙間ができていては効果が薄れてしまいます。

 

隙間からウイルスが入りこんだりする可能性があるため、密閉とまではいかなくてもしっかりと隙間を埋めてあげましょう。

 

近頃のマスクは進化していて使いやすくなっており、鼻にあたる部分には針金が入っています。

 

マスクを着用する際、針金をそのままにするのではなく、自分の鼻の形に合わせて下さい。自分の鼻の形に合わせることで隙間がなくなり、よく効果が得られるようになります。

 

また鼻の形に合わせることで、眼鏡の曇りを若干ですが防ぐこともできます。眼鏡をかけながらマスクをつけると、どうしても眼鏡が曇ってしまいますよね。

 

この“眼鏡の曇り”で悩んでいる人はたくさんいるでしょう。完全に眼鏡の曇りを防ぐことはできないものの、少しでも改善されれば楽になるはずです。