暇つぶし代わりにメモしてみます

暇つぶし代わりにメモしてみます

相槌は気にしておく

言葉遣いはとても大切です。社会人になれば正しい言葉遣いを要求されます。敬語はしっかりと…言葉は略さずに…ハキハキと喋って…といろいろ言われていますが、もう少し細かいところにも目を向けてみましょう。

 

細かいところというのは相槌です。みなさんは相槌を気にしたこと、あるでしょうか。相槌はただ打っていればよいというわけではありません。

 

相手をイラっとさせてしまう相槌にありがちなのが「はぁ」です。なぜ「はぁ」がいけないのか?

 

疑問に思ったなら立場を置き換えて考えてみるとわかりやすいでしょう。真面目な話をしている時、やる気なさそうに「はぁ」と言われたらどう感じるでしょうか。

 

だからといって無言でいるのもいけません。ずっと黙っていられたら、話を聞いているのかどうかわからなくなりますよね。

 

大きな声を出す必要はありませんが相槌を打つ場合はハッキリ「はい」と言いましょう。要所要所で「はい」と相槌を打つことで、相手も気持ちよく話せるようになります。

 

相槌は簡単そうに見えて難しいもの。一朝一夕でうまくなれるわけではありませんから、失敗してもめげたりせず根気強く続けていきましょう。

 

慣れてくればどこで相槌を打てばよいのか自然とわかってくるはずです。

更新履歴